【Youtube】紆余曲折を経てアクションカメラ購入

またもや不良品つかまされた

先週紹介した小型カメラもすぐ壊れました(笑)。

なんとも通販の運がない状態だが、ここでめげない。なんて言ってもカメラがないと実写できないしな。
ってなわけで、次に購入したのが↓

DMM



DSC_0028

↑はAKASO製のEK5000。5千円ちょっとで買える上に手頃な性能なのでこれにしてみた。Wifiも使えるのでなかなか使えるし画質も前回の小型カメラよりいい。

で、まぁ試し撮りしてみる。
このカメラを別売りのヘッドバンドに装着してバイクに乗りながら撮影してみたが、これがなかなかいいかも。

試し撮りした映像は↓

 
なんだか色がカラフル過ぎて自然でないような気がするが、まぁ値段のわりには結構綺麗だよなぁ。
ともあれ、このカメラで色々と撮ってYoutubeに上げていこうかと思う。なんせ2回も買い物に失敗したあとの製品なのでなんとかこれでは成功したいところ。

絵を忘れていいものか?

漫画描きのくせに実写なんてどうなん?とかいう自問自答もないわけではない。あくまでも漫画かイラストでブログやっていった方がいいのは解っている。しかし絵を描くのと実写の撮影と編集でどちらが手間がかかるのかを今後検証する機会があってもいいじゃないか。

広い意味でコンテンツをつくるのは大変なことだ。絵よりも実写の方が楽だと考えるのではなく、あくまでも質の良い動画をつくることを目指すために私はあのカメラを買った。
何かより何かの方が楽だから、とういう考えで物事に当たるのはクリエイターのモラルに反するだろう。効果があれば楽ではない道を望んで進むべきなんだろう。

実写はあくまでも可能性を更にすすめるために始めた。

そう自分に言い聞かせよう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください