【漫画制作】GIMPのススメ#7画像の移動

頻繁に起こるであろう画像レイアウトの変更。

前回は用紙の拡大方法を学びました。実はあの方法以外に用紙自体を拡大する方法もあるのですが、後の処理の面倒さを考えるとあのやりかたがベストです。あの作業は描いている絵のレイアウトの変更を行う際に必要になってきますので覚えておいてください。

さて、今回は画像自体の移動を行ってレイアウトを調整していきましょう。GIMPを起動していつもの落書きファイルを開いてみます。



“【漫画制作】GIMPのススメ#7画像の移動” の続きを読む

【漫画制作】GIMPのススメ#6用紙の拡大

紙の大きさが足りなくなくなった

落書きしていて紙の外まで描きたくなってきました。つまり、バストアップの構図ではなくてもっと全身を描きたくなった、そんな時もGIMPでできることは無数にあります。



“【漫画制作】GIMPのススメ#6用紙の拡大” の続きを読む

【漫画制作】GIMPのススメ#5レイヤー操作②レイヤーグループ

レイヤーのグループ化

フリーソフトのGIMPに搭載されたレイヤー機能はフォルダに入れてグループ化できます。グループ化するとどんなメリットがあるか?というと、フォルダごとに一括処理できるということが理由としては一番でしょう。



“【漫画制作】GIMPのススメ#5レイヤー操作②レイヤーグループ” の続きを読む

【漫画制作】GIMPのススメ#4レイヤー操作①レイヤーの追加

絵をパーツ単位に分解

タブレットの筆圧の設定が前回の記事でなんとなくわかったところで、今回はレイヤーの操作を解説していきます。

まずレイヤーとはなにか?ですが、昔のアニメ制作で使われていたセルと同じです。一番したにある紙(背景)の上にのせる透明のセロハン状のものがセルですが、多くは人物が描かれていることが多くそれ以外の部分は透けているため、背景と組み合わせた動画を作るのに最適な素材です。フォトレタッチソフトでのレイヤーというのもこのセルと同じようなものだと思ってください。ただし、レイヤーを使う目的はアニメのセルとは少々違ってくるシーンも多いです。

まぁ見てみましょう。



“【漫画制作】GIMPのススメ#4レイヤー操作①レイヤーの追加” の続きを読む

【漫画制作】GIMPのススメ#3ブラシの操作①動的特性

ブラシは奥が深い。太さや筆圧

前回まではまずタブレットの設定と試し描きがおわりました。ここからまだまだ自分が使いたい設定を詰めていく必要があります。今回はブラシの設定方法を解説します。

まず、インターフェイスの左上のあるツール群を見てみましょう。



“【漫画制作】GIMPのススメ#3ブラシの操作①動的特性” の続きを読む

【漫画制作】GIMPのススメ#2タブレット設定

実際に使ってみよう

前回の記事で紹介させていただいたGIMPだが、今回は実際に使ってみながら解説させていただく。なんらかのレタッチソフトに慣れている人はいまさら?というほど基本的な操作なのだが、なにしろ物事は基本から入らなければ。

あまり重要ともいえないが、ある種の使命感が私にはある。



“【漫画制作】GIMPのススメ#2タブレット設定” の続きを読む

【漫画制作】GIMPのススメ#1はじめに

有料ソフトなんていらない

私はもう随分前から漫画の制作に有料ソフトは使ってない。昔はPHOTOSHOPのエレメンツを使っていたが、10年以上前からGIMPに乗り換えた。実はソフトだけではなくOSもWINDOWSでなくLINUXがメインなのだが、GIMP使いになったころとOSを切り替えた時は時期が同じである。なぜ入れ替えたかというと、理由はいろいろあるが。



“【漫画制作】GIMPのススメ#1はじめに” の続きを読む

【電子書籍】【漫画】描き直そうと決めた日

独自ドメインによるブログを復活させようと思って思う所があって数年前に断念した独自ドメインによるブログをまたやってみたいと思った。

なぜそう思ったのかは様々な思いがあるが、ひとつはまた電子書籍の出版を再開したいと強く思ったから。他にもいろいろ理由があるが、そこはおいおいこのブログで説明するとして、まずは漫画の話から始めたい。

なぜかって、私はやっぱり漫画描きでありたいから。



“【電子書籍】【漫画】描き直そうと決めた日” の続きを読む