【電子工作】夏の終わりと秋への決意

僅かな成果

前回まで集中的に記事にしてきた冷却ユニットはなんとか稼働している。
大変問題なのはその冷却能力で、室温が30度を超えると効果も限定的なところ。

条件がある程度揃わないと効率は悪い。

しかし今夏はなにかと勉強になったので良しとする。



“【電子工作】夏の終わりと秋への決意” の続きを読む

【電子工作】ペルチェ冷却ユニットとりあえず完成

今週で終わらせたかったこと

前回の記事でも書いた温まってしまった冷却水を再度冷やすユニットを今週はつくった。
やっとこさここまでたどり着いたかと内心ホッとしている。過去につくった基盤や断熱用のボックスなどに手を加える作業もやっとこれで終わる可能性が濃厚である。
今後はユニットの挙動を観察すると共にゴチャゴチャになった配線や基盤を壁やボックスにマウントする作業などを行うつもり。

効果の方も検証していくが。



“【電子工作】ペルチェ冷却ユニットとりあえず完成” の続きを読む

【電子工作】換気ユニット設置。まず室温を下げたい

ペルチェ素子の冷却能力は室温に比例する

当ブログで保冷温庫内の空気を冷やすための行動をお披露目させていただいているところなのだが、先週組んだペルチェと水冷ブロックの吸熱ユニットの効果は試験運転でかなり効果があることがわかった。
やはりなまし銅管だけをファンにさらした状態だと庫内の吸熱には限界があり、上記に上げたやりかたは効率の面で遥かに勝る。

しかしペルチェに吸われた熱を冷却水で熱交換し冷凍庫に戻しても水自体の冷却は到底間に合わない。しばらくこの状態で運用していると水の温度が40度に達してしまうという状態。驚くべきことだが、冷凍庫に収納されている水がこの温度なのだ。
ただし、このことは去年の各種実験でも同様のことが起こったことであり、言ってみればただのデジャブではない。

結論を言うとこれは想定内の事態である。

【音楽のある風景】

“【電子工作】換気ユニット設置。まず室温を下げたい” の続きを読む

【電子工作】失敗基盤は2枚ほど。サーモスタットICはやっぱりわからない

制御基板と温度比較

ペルチェ素子を使って保冷温庫を冷やす実験はなんとか成功したが、やはり貴重な休みを2日使ってしまった。
先週つくったペルチェと水冷ブロックによるユニットを庫内に設置し基礎実験に成功したのでこれを制御する基盤を今週つくった。

しかしまぁこれがうまいかない。

今週も四苦八苦した。



“【電子工作】失敗基盤は2枚ほど。サーモスタットICはやっぱりわからない” の続きを読む