【電子コンテンツ】【Youtube】ゲームサイトでは著作権に注意すべき

どこまでの画像が許容されるのだろう?

ゲーム攻略におけるデータ閲覧サイトを構築しているが、ここで当然問題になってくるのは画像の著作権である。
WEBで情報を物色しているとゲーム内でキャプチャーされた画像や公式サイトのそれらを無断で使ってよい場合とそうでない場合とあるらしいことがわかってきた。
ゲーム系サイトでアフィリエイトをやろうとするとこの問題はついて回るようで、慎重に行動しないと広告の配信停止などの措置をとられそう。

ではどのようなケースがOKで何がダメなのだろう?





ようはそのゲームの運営が画像やプレイ動画などから収益化することを許可しているかどうかなのだが、実はこれを許可はしていないまでも黙認しているケースは多いらしい。なぜかと言えば特定のゲームのそういったコンテンツがWEBに氾濫すればするほどゲームの制作会社側にもメリットがあるからだとか。
この傾向はYoutubeなどでは顕著であり、プレイ動画などに普通に広告が載っているのを私自身何度もみたことがある。

たとえば任天堂などの Nintendo Creators Program などは有名で、この制度を利用すればYoutubeに上げたプレイ動画の収益をプレイヤーと任天堂がシェアするといったことが可能なのだとか。
しかし任天堂のようにはっきりとプレイヤーが収益化することを良しと宣言しているところもあまり無いため、前例があるかどうかで判断しなければならない。

Youtubeで実際に探してみた

将来プレイするリネージュ2レボリューションや、現在プレイ中のGame of Warなどの動画で広告がついている動画はたくさんあってこれは言うまでもなくプレイヤーの収益化を運営側が黙認しているのであろうと判断できる。
ビックリしたのは、現在はまだ日本でサービスが始まっていないリネージュ2レボリューションの韓国サーバーでのプレイ動画がすでにたくさんあって収益化していること。当然のことながらそれらのプレイヤーは日本人らしいことが伺える。

世の中ハシッコイやつがいるもんだ(笑)。

Twitterの画像は狙いめか?

Twitterの利用規約にこうある↓

5. ユーザーの権利

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介して、自ら送信、投稿、または表示するあらゆるコンテンツに対する権利を留保するものとします。ユーザーは、 本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿、表示することをもって、媒体または配布方法 (既知のまたは今後開発されるもの) を問わず、かかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配布するための、世界的な非排他的ライセンスを (サブライセンスを許諾する権利と共に) 当社に対して無償で許諾するものとします。

出典:https://twitter.com/tos?lang=ja

つまりこれはどういうことかというと、Twitterに画像を載せるのなら、それは著作権は放棄しないまでも画像の再利用を許可してくださいね、ということ。
つまりTwitterの各ゲームの公式アカウントに載っている画像なら使える可能性は高い。
ただし、これは引用のルールにのっとってどこからの出典なのかを明確に記述しておく必要がある。
上記の場合引用扱いの記述を施して出典元のURLを載せててあるわけだ。

このことはいちいちやっておかないと著作権侵害に当たる可能性が出てくるので注意が必要だろう。
私自身漫画を描いているからしてこの問題に関するルールは厳格に守っていきたいところだ。どこかの誰かが自分の作品を利用して収益化していたらそれは頭に来るだろうからなぁ。

ってなわけで、新サイトの方は現在データの打ち込みを必死にやっていますんで、同じゲームをプレイしている人はぜひとも利用していただきたい。URLはおって告知させていただきます。

 

そんではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です