【漫画制作】女性型アンドロイドのデザイン

フォントの変更

とりあえずサイトのカスタマイズをします。

以前から不満があったフォントをsansに変更。なんか硬すぎる印象がこれで改善するかも。




本当は手書き風のものも検討したんですが、あまりクセのある文字だと読みづらいかもと言う判断で定番のフォントにという結論。なにしろGoogleさんがつくったフォントだから可もなく不可もないだろうな。
それと、過去記事をランダムにtwitter上に再投稿するプラグインも導入。一日一回だけブログの告知が行くようにしました。

見た目も徐々に変えて行こう。

デザイン

今日は作中のアンドロイドのデザインをやってちょっと疲れた。
私はデザインという作業が昔から嫌い。あれは何度直しても決して満足できるということが無いためキリがないから。

直しても直しても100%と言うものがないような気がするのが私にとってのデザインという作業。この地獄を久々に味わったわけだが、新作のごく初期の段階というのはこういった地味で根気のいる作業の連続だ。例えばネーム(本番の作画をやる前のラフ画)などもそう。

描いたアンドロイドは↓

漫画描きというのは皆そうだろうが、ある日ふと思いついた原案をある程度煮詰まるまでは寝かしておく。この期間が十分過ぎたと判断した時にいよいよ脚本やデザイン、ネームなどを起こしていくわけだ。
この作品はもう10年近く前からぼんやりと頭の中にあった構想で、何度も形にしようとして失敗した。
本も何度書き直したかわからないが、舞台や時代設定やキャラクターを数回入れ替えてここまでもってきた。
直す度に話が大きく変わってきた本作ではあるが、テーマと骨組みとなる材料はまったく変わっていない。今度こそ完成させようとの意気込みが強い。

今度こそ。この話をやろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください